カフェインは妊活女性の鉄分不足を招く危険な刺激物となりうる

カフェインは妊活女性の鉄分不足を招く危険な刺激物となりうる

 

コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、脳を刺激して興奮させる働きがあります。

 

 

そのことから、シャキッとしたい朝や仕事中、眠気をとりたい運転中など、コーヒーなどを飲む人は多いかと思います。

 

 

しかし、妊活女性にとってカフェインは危険な刺激物となりえるため注意が必要です。

 

 

 

妊活女性へのカフェインの悪影響

 

カフェインは取りすぎると、脳が興奮し続ける状態になり、血管が収縮することで頭痛を起こしたりなどの悪影響があります。

 

 

また、血を作る鉄分の吸収を阻害させてしまうこともわかっています。

 

 

この鉄分不足を招きやすいことが、妊活中や妊娠中の女性がカフェイン摂取を控えたほうがいい理由です。

 

 

 

妊娠中の鉄分の重要性

 

妊娠すると女性の体内では、赤ちゃんの命綱である胎盤が作られていきます。

 

 

胎盤は無数の血管の集まりです。

 

 

たくさんの毛細血管が増えて形作られるもので、その血管を経由して胎児に栄養が送られます。

 

 

そのときに、大事な血管に鉄分が不足するということは赤血球が少ない状態、分かりやすく言うと血が作られない状態を作ってしまうのです。

 

 

赤ちゃんに栄養が送れなくなる危険性や、妊婦さんは貧血で倒れてしまうなどの可能性が出てきます。

 

 

また、血管が収縮することは、生活習慣病である高血圧を招く危険もあります。

 

 

もともと鉄分は、生理がある女性にとってはとても大事な栄養素。

 

 

それを吸収させにくくしてしまうカフェインは、妊活〜妊娠のあいだは避けるべき成分のひとつといえるでしょう。

 

 

さらに、カフェインには強い利尿作用があります。

 

 

十分な体内水分も胎児の成長に必要不可欠なものです。

 

 

妊娠中に必要な血液を作ったり、赤ちゃんのための羊水を作るために必要な十分な水分も、過剰なカフェイン摂取で失われてしまうことになります。

 

 

 

ママ活中に飲むならカフェインレスをホットで

 

 

カフェインが多く含まれるコーヒーや紅茶を嗜好品として愛飲している女性も多いでしょう。

 

 

我慢はストレスのもとですし、ママ活中でも気分転換は必要です。

 

 

ですから、一日に1、2杯ていどなら問題はないものの、過剰に摂取するのはおすすめできないということになります。

 

 

カフェインを気にしたくないのであれば、カフェインレスコーヒーなどがおすすめです。

 

 

カフェインレスでも、ホットにすれば香ばしくなり充分味わい深くなるので満足感は高くなります。